2016年8月アーカイブ

Q1.病院に通っているけど、全然痛みが改善されないんですが・・・

 A.交通事故によるむち打ちや捻挫等の症状は、事故直後に出てこない場合が多く、しばらく経ってから現れることがあります。病院のレントゲンでは、骨の異常を見つけることはできますが、その周りの筋肉や神経の損傷を判断することができず、なかなか症状が改善しにくいケースが多くみられます。当院では、しっかりとコミュニケーションを取り、身体を触診することでその症状を把握し、筋肉・骨格・神経の3方向から症状を取る施術を行います。むち打ちと交通事故対応に詳しいスタッフが対応させて頂きますので、安心してお任せ下さい!!


Q2.治療費ってどれくらいかかりますか?

 A.自賠責保険適用なら、実質窓口負担0円です。さらに、通院にかかる交通費や休業補償もつきます。(※一部例外もあります。)

 ■通院に要した交通費は原則実費でもらえます。

 〈自家用車による通院費の場合〉 1キロ15円程度が認定の基準になります。駐車場の料金も必要に応じて認定されますので、領収書が必要です。高速道路などの有料道路使用の場合も実費が認められます。

 〈病院が遠距離の場合〉 治療上、担当医が他の遠方の医療機関の受診を指示した場合のみ認められますが、自己判断で遠方の病院を指定した場合には交通費が認められません。

 〈タクシー使用の場合〉 傷害の程度や交通の便など、特別な事情がある場合にのみ交通費として認められます。例えば歩けない状態であったり、バスでの通院が不可能である場合など。認められた場合は、領収書が必要になります。領収書をもらって「通院交通費明細書」に記入することにより、タクシー代は認定されます。

 〈付き添いの交通費について〉 原則として12歳以下の児童の付き添いならばほとんど問題なく認められます。付き添いの妥当性については事案により個別に判断されますので、保険会社に問い合わせてみましょう。

 会社から通勤手当が支給されていて、病院が通勤途中の場所にあり定期券を使用できる場合の交通費は支給されません。


次は休業補償、慰謝料について説明します。



<りゅうた整骨院公式ホームページ>

宝塚市のりゅうた整骨院

<宝塚市の交通事故治療・むち打ち治療情報サイト>

宝塚市交通事故治療・むち打ち治療.com|整形外科連携の整骨院

<おかげ様で宝塚市口コミ1位!>

WEB上の患者様の口コミはコチラ

<りゅうた整骨院のフェイスブックページはコチラ>

りゅうた整骨院公式facebookページ

住所:兵庫県宝塚市中山寺1-9-13

(阪急中山駅徒歩3分)

TEL:0797-87-3105

・症状固定とは?
これ以上治療を継続してもその症状回復・改善が期待できなくなった状態のことを言います。
残ってしまった症状が「後遺症障害(後遺症)」といいます。
症状固定の診断を受けてしまうと、治療期間が終了したものとみなされてしまうので、
賠償の範囲も確定し、それ以降の治療費や休業損害などの支払いは
原則として受けられなくなります。


・保険会社からの「そろそろ症状固定してください」と言われたら?
むち打ちや腰椎捻挫など、外形的な所見がわかりにくく、治療が長期に及ぶ怪我の場合など、
単に治療費打ち切りの意味で言われる場合があります。
症状固定は、患者の訴えや症状などを診て、あくまで医師が医学的に判断するものとなります。
その時期を保険会社が強制出来るものではありません。


・医師から「症状固定」と告げられる。
時期尚早の可能性もあります。
まだ痛みがあること、治療効果がまだあるという実感があれば、
その旨を医師に伝えることが大切になります。
自分の症状は自分が一番よく分かっているので、主治医と十分に相談して判断することが大切です。
「現在の症状」「どこまで改善する見込みがあるか」
「障害が残るとすればどれくらい、仕事や日常生活での支障の程度」
「今後の治療方針」
などを相談しましょう。


当院でも交通事故の治療を行っておりますので、
お困りの際は一度ご相談ください。




<りゅうた整骨院公式ホームページ>

宝塚市のりゅうた整骨院

<宝塚市の交通事故治療・むち打ち治療情報サイト>

宝塚市交通事故治療・むち打ち治療.com|整形外科連携の整骨院

<おかげ様で宝塚市口コミ1位!>

WEB上の患者様の口コミはコチラ

<りゅうた整骨院のフェイスブックページはコチラ>

りゅうた整骨院公式facebookページ

住所:兵庫県宝塚市中山寺1-9-13

(阪急中山駅徒歩3分)

TEL:0797-87-3105

交通事故後は、すぐに病院へ行きましょう。


■早期受診をすすめるには理由があります。

1.早めに対処することで回復も早くなります。

2.事故から10日以上過ぎると、事故との因果関係を証明できない場合がある

等の理由です。



■まず病院へ行って診断書をもらうことが大事です。痛みがある場合は、整骨院・接骨院にも行きましょう。

交通事故の後遺症は、数ヶ月経って突然発症するものもあります。


むちうちがその代表格で、当初はほとんど症状にでず、病院で「異常なし」と診断されても、翌日から数日後、数ヵ月後になって、

色々な症状が現れることがあります。頭痛や吐き気など、当事者自信も交通事故が原因ではなく、

単なる体調不良だと考えてしまうケースも多いといいます。


交通事故の際、衝撃で身体は揺さぶられ、体は思いがけない方向にS字状の動きを強いられてしまいます。

とっさの出来事が起こると頭部を守ろうとして、首の筋肉がこわばります。どこを打ったか覚えていないという人でも、

交通事故では大抵、頭をぶつけています。

このように、交通事故でむちうちになる要因は多いといえます。病院だけでなく、整骨院・接骨院でも診てもらうことをおすすめします。

病院だと診察の間隔が空くことや待ち時間の長さから体の負担が大きくなりがちなところを、カバーすることもできます。



■むちうちは後遺症として認められにくい。

たとえ認められても、後遺症害の等級が抑えられるために、症状の辛さに反して補償が厳しいという現実があります。

後遺症害で苦しまないためにも、早期治療が大切です。


当院でも交通事故にあわれた方への施術をしておりますので、お気軽にご相談ください。




<りゅうた整骨院公式ホームページ>

宝塚市のりゅうた整骨院

<宝塚市の交通事故治療・むち打ち治療情報サイト>

宝塚市交通事故治療・むち打ち治療.com|整形外科連携の整骨院

<おかげ様で宝塚市口コミ1位!>

WEB上の患者様の口コミはコチラ

<りゅうた整骨院のフェイスブックページはコチラ>

りゅうた整骨院公式facebookページ

住所:兵庫県宝塚市中山寺1-9-13

(阪急中山駅徒歩3分)

TEL:0797-87-3105

むちうち症は、医学的に定義するのが難しく、首から背骨にかけての一種の神経症状だとされています。

レントゲンにも映らず、つらい症状が何年も続きます。

治療が長期化するので、一般の傷害事例と同じ様に扱うのが難しく、後遺症としても特殊で、補償期間が不明瞭になりがちです。

■後遺障害等級

後遺障害等級表には、「むちうち症」という言葉は出てきません。

12級(13号)や14級(9号)の神経障害・神経症状がむちうち症に該当するとされており、

そのうち実際に認定されるのは、14級がほとんどです。また、非該当の判断がなされることも多々あります。

※等級表では、神経系統の傷害には次のような表記もあります。

 ・7級(4号)・・・「神経系統の機能または精神に障害を残し、軽易な労務以外の労務に服することができないもの」

 ・9級(10号)・・・「神経系統の機能または精神に障害を残し、服することができる労務が相当な程度に制限されるもの」

■むちうち症による逸失利益

前記の通り、むちうち症が、12級または14級に該当する場合であっても、その労働能力喪失期間は制限されます。

これは、むちうち症などの神経障害は、この程度の時が経過すれば治癒していくことが、

医学的に一般的な知見であることに基づいています。

(例えば、むち打ち症で後遺障害12級と認定された場合には、労働能力の喪失率は14%として、

  約10年分の逸失利益と慰謝料を請求できることになります。)

痛みがつらい場合は、後遺障害として認めてもらえるように、医師に相談してみましょう。

また低い等級や認定期間に納得がいかなければ、不服申し立てをすることです。



<りゅうた整骨院公式ホームページ>

宝塚市のりゅうた整骨院

<宝塚市の交通事故治療・むち打ち治療情報サイト>

宝塚市交通事故治療・むち打ち治療.com|整形外科連携の整骨院

<おかげ様で宝塚市口コミ1位!>

WEB上の患者様の口コミはコチラ

<りゅうた整骨院のフェイスブックページはコチラ>

りゅうた整骨院公式facebookページ

住所:兵庫県宝塚市中山寺1-9-13

(阪急中山駅徒歩3分)

TEL:0797-87-3105

交通事故にあった場合、自賠責保険は同乗者はもちろん、加害者の車に同乗していた場合も適用できます。

■同乗者は何名でも、自賠責保険適用可能です。
  自賠責保険は交通事故にあった車に同乗していた人(家族も含む)も賠償の対象になります。
  加害者の車に同乗していた場合も同じです。
  加害者が被害者の損害を賠償しなければならないという原則があるので、
  例えば「加害者が夫、被害者が妻」というケースでも、不法行為の要件を満たす限り、
  夫婦間でも当然に損害賠償請求が成立し、これを行使することができます。
  被害者たる配偶者(この場合は妻)に他人性が認められる場合には、
  加害者たる配偶者(夫)の運行供用者責任に基づいて自賠法16条の直接請求権の行使も認められます。
  また友人などの同乗者が、飲酒等の危険運転を容認・助長して事故に遭い、
  負傷した場合も、損害賠償が認められます。(=「無償同乗(好意同乗)」)


■「共同不法行為」・・・複数の自賠責保険への請求
   加害車両が複数ある事故の場合、自賠責保険の補償限度額は加害車両の数に応じて増えます。
   自賠責保険は車両ごとに付保されるものだからです。
   例えば、2台の車の衝突事故で双方に過失がある場合に、どちらかの車に同乗していて負傷した人は、
   両方の車の自賠責保険が使えるので請求できる限度額が2倍の240万円になります。
   被害者はどちらに損害賠償を請求しても、双方に請求してもかまいません。
   どちらがどれだけ負担するかは加害者側の問題(過失割合による)であり、
   被害者はどちらにしても認められた額の賠償金を受け取る事ができます。

※限度額が増えるといっても、大きくなるのは「支払いの枠」であり、
 あくまで現実に生じた損害しか支払われないことに変わりはありません。
 


<りゅうた整骨院公式ホームページ>

宝塚市のりゅうた整骨院

<宝塚市の交通事故治療・むち打ち治療情報サイト>

宝塚市交通事故治療・むち打ち治療.com|整形外科連携の整骨院

<おかげ様で宝塚市口コミ1位!>

WEB上の患者様の口コミはコチラ

<りゅうた整骨院のフェイスブックページはコチラ>

りゅうた整骨院公式facebookページ

住所:兵庫県宝塚市中山寺1-9-13

(阪急中山駅徒歩3分)

TEL:0797-87-3105


自賠責保険は「仮渡金」制度というものがあります。

どのような制度かといいますと、交通事故の場合損害保険が確定して正式に保険金が出るまでに、

当面の生活費や治療費などの出費がかさみ、被害者の負担が大きくなる場合が少なくありません。

示談交渉中でも被害者が請求すれば一時金の前払いをしてもらえる、被害者救済のための仕組みなのです。




仮渡金の特徴は・・・

・加害者から損害賠償請求の支払いを受けていない場合に請求できます。

・請求は被害者からのみできます。その時、加害者の承諾は不要です。  また、請求は一回だけ可能となります。

・保険金が支払われる時には、即払いの仮渡金を控除した残額が支払われます。

・最終的な確定額より仮渡金の額が大きい場合には、差額を返金しなければなりません。

・加害者側に損害賠償責任がないと判断された場合は、返金が必要になります。




このように自賠責保険は仮払い制度がありますので、

お金が無くても自賠責保険を上手に使うことで治療を受けることが可能です。

つらいおもいをして、それを我慢するなんてことの無いようにしましょう。



りゅうた整骨院・鍼灸院でも交通事故の施術をしておりますのでお気軽にお問い合わせ下さい。




<りゅうた整骨院公式ホームページ>

宝塚市のりゅうた整骨院

<宝塚市の交通事故治療・むち打ち治療情報サイト>

宝塚市交通事故治療・むち打ち治療.com|整形外科連携の整骨院

<おかげ様で宝塚市口コミ1位!>

WEB上の患者様の口コミはコチラ

<りゅうた整骨院のフェイスブックページはコチラ>

りゅうた整骨院公式facebookページ

住所:兵庫県宝塚市中山寺1-9-13

(阪急中山駅徒歩3分)

TEL:0797-87-3105


ひき逃げされたり、加害者が保険に入っていない!!

こんな場合、自賠責保険適用はどうなるでしょう?


■政府補償事業制度

交通事故にあってしまって、むちうち、捻挫、打撲などケガをおってしまったのに、

加害者が保険に加入していない場合や、ひき逃げや加害者が不明の場合に、

自賠責保険とほぼ同額の損害賠償を政府が保証してくれる制度です。

必要書類は保険会社にあるので、自分の加入している保険会社に問い合わせてみましょう。


■被害者自身の任意保険

〈搭乗者傷害特約〉

契約した車に搭乗中の人が自動車事故により死傷した場合に、

死亡保険金、後遺症害保険金、重度傷害保険金、医療保険金を定額払いしてくれます。


〈人身傷害補償特約〉

逸失利益や慰謝料も支払われるが、実際の賠償金額ではなく、

保険約款で決められた金額になるため、実際の賠償額より低い金額となります。


〈無保険車傷害特約〉

被保険者が人身事故で死亡または後遺症害ご認定され、

加害者が任意保険に加入していない等の理由で賠償が出来ないときに、

加害者に代わって保険会社からその損害が補償されます。



人身傷害補償特約や無保険車傷害特約は、同居の親族にも使える規定を持つ場合が多いので、

家族の任意保険の内容も調べてみるといいでしょう。

また、自動車保険以外の生命保険や医療保険などで、

事故による死亡やケガの補償がうけられることが意外とおおいものです。

自分や家族の加入している保険を確認して、支払い対象になるかどうかを調べてみるのもいいかもしれません。

運悪くこのような状況にあってしまった場合、ぜひ参考にしてみてください。



<りゅうた整骨院公式ホームページ>

宝塚市のりゅうた整骨院

<宝塚市の交通事故治療・むち打ち治療情報サイト>

宝塚市交通事故治療・むち打ち治療.com|整形外科連携の整骨院

<おかげ様で宝塚市口コミ1位!>

WEB上の患者様の口コミはコチラ

<りゅうた整骨院のフェイスブックページはコチラ>

りゅうた整骨院公式facebookページ

住所:兵庫県宝塚市中山寺1-9-13

(阪急中山駅徒歩3分)

TEL:0797-87-3105

交通事故の症状でよく聞くのは、むち打ちや捻挫、打撲が多いと思いますが、以下の症状も起こることがあります。



■顎関節症

強い衝撃を受けた際に顎関節がずれたり変形するなどして起こる事があります。

口の開け閉めが困難(カクカク、ポキポキと音が鳴る)、顎付近が痛いというのが一般的な症状ですが、

肩こり、頭痛、耳の奥の痛み、手足の痺れ、めまい、耳鳴りといった症状も合併する場合があります。

これらはむちうち症状と似ており、むちうちと診断されたために放置したり、

適切な治療をされず症状を悪化させてしまうことがあります。

重症になり日常生活にも支障をきたすと、手術をしなければいけなくなるケースも出てきますので、

放置すると厄介なことになりかねません。

交通事故で顎を強く打った場合や、痛みや違和感がある場合は、きちんと治療を受けましょう。



■脳脊髄液減少症(低髄液圧症候群)

追突事故の影響などでおこる場合があり、脳から脊髄の中を流れている髄液が漏れることによって、

色々な症状が出てくるものです。

頭痛、耳鳴り、めまい、倦怠感などむちうちと似たような症状で、

むちうちの治療をしていてもなかなか症状が改善されないときは、

これの疑いもありますので1度医学的診断を受けることをおすすめします。



■精神の後遺症害・・・うつ病、PTSD(心的外傷後ストレス障害)など

事故後の抑うつ状態、情緒不安定、意欲の低下、事故を思い出すフラッシュバックや妄想、幻覚など、

精神的な影響は時間が経っても残ることがあります。

また、事故後の色々な手続きをする中で、精神的に辛い状況から心や身体に症状が出てしまうこともあります。

交通事故に遭遇すると、想像以上に心に負担がかかっているのです。

心理的な異変を感じたら、1人で悩まず、専門医へ相談することをおすすめします。



<りゅうた整骨院公式ホームページ>

宝塚市のりゅうた整骨院

<宝塚市の交通事故治療・むち打ち治療情報サイト>

宝塚市交通事故治療・むち打ち治療.com|整形外科連携の整骨院

<おかげ様で宝塚市口コミ1位!>

WEB上の患者様の口コミはコチラ

<りゅうた整骨院のフェイスブックページはコチラ>

りゅうた整骨院公式facebookページ

住所:兵庫県宝塚市中山寺1-9-13

(阪急中山駅徒歩3分)

TEL:0797-87-3105

交通事故後は、すぐに病院へ行きましょう。

痛みを我慢して数か月後に後遺症が出た場合は交通事故との因果関係が証明できません。

むち打ちの場合レントゲンでは判断しにくいので、たとえ「異常なし」と言われても、

どこが痛むのかしっかりと説明し、診断書は必ず受け取りましょう。


・早期受診をすすめるには理由があります。

1.早めに対処することで回復も早くなります。

2.事故から10日以上過ぎると、事故との因果関係を証明できない場合がある。

等の理由です。


・まず病院へ行って診断書をもらうことが大事です。痛みがある場合は、整骨院・接骨院にも行きましょう。

交通事故の後遺症は、数ヶ月経って突然発症するものもあります。

むちうちがその代表格で、当初はほとんど症状にでず、病院で「異常なし」と診断されても、

翌日から数日後、数ヵ月後になって、色々な症状が現れることがあります。

頭痛や吐き気など、当事者自信も交通事故が原因ではなく、単なる体調不良だと考えてしまうケースも多いといいます。


交通事故の際、衝撃で身体は揺さぶられ、体は思いがけない方向にS字状の動きを強いられてしまいます。

とっさの出来事が起こると頭部を守ろうとして、首の筋肉がこわばります。どこを打ったか覚えていないという人でも、

交通事故では大抵、頭をぶつけています。

このように、交通事故でむちうちになる要因は多いといえます。


病院だけでなく、整骨院・接骨院でも診てもらうことをおすすめします。

病院だと診察の間隔が空くことや待ち時間の長さから体の負担が大きくなりがちなところを、カバーすることもできます。


・むちうちは後遺症として認められにくい。

たとえ認められても、後遺症害の等級が抑えられるために、症状の辛さに反して補償が厳しいという現実があります。

後遺症害で苦しまないためにも、早期治療が大切です。





<りゅうた整骨院公式ホームページ>

宝塚市のりゅうた整骨院

<宝塚市の交通事故治療・むち打ち治療情報サイト>

宝塚市交通事故治療・むち打ち治療.com|整形外科連携の整骨院

<おかげ様で宝塚市口コミ1位!>

WEB上の患者様の口コミはコチラ

<りゅうた整骨院のフェイスブックページはコチラ>

りゅうた整骨院公式facebookページ

住所:兵庫県宝塚市中山寺1-9-13

(阪急中山駅徒歩3分)

TEL:0797-87-3105

■示談とは・・・民法上の和解契約

 交通事故で生じた損害の賠償額をいくらにするか、話し合いで決めることです。


■示談を急ぐと失敗する理由

 ・事故直後は、冷静な判断をするのが難しく、事故原因となった過失がどちらにどれくらいあるのか明確ではない。

 ・ケガや車の損傷状態なども、事故直後は不明瞭な部分が多い。

  むち打ちのように時間が経ってから症状が出たり、後遺症が残る場合もある。

 ・事故現場で成立した示談の賠償額を、保険会社が認めない場合もある。


 いったん示談をしてしまうと、原則としてやり直しはできません。

 支払うべき、受け取るべき損害賠償の金額も訂正できなくなるので、どちらかの不利益を生む結果になってしまいます。

 特に傷害事故の場合は、ケガの治療経過によって医師の診断を待ってから示談交渉を開始すべきです。

 間違っても、相手の都合で懇願されて、物損事故扱いにしてしまわないことも重要です。


■交渉は慎重に

 明らかに自分が加害者の場合でも、必要以上の謝罪は控えましょう。

 過失割合の判定にも影響することがあるので、どちらに非があるかなど、

 責任の所在を追及するような会話には注意した方がいいでしょう。

 メモや念書のようなものも残さない方が賢明です。後に、事故の責任がこちらにはないと判明しても、

 過失を認めた証拠とされてしまう場合があります。

 警察を呼ばず示談を成立させてしまうと、

 事故証明書が交付されず、事故そのものがうやむやになってしまう恐れがあります。


■ケガをしたら症状の大小に関わらず病院で受診しましょう

 交通事故の場合、数日後に症状が出てくることがしばしばあります。

 事故直後に症状がなくても、病院の診察を受けることをおすすめします。

 また病院に通院しながらでも、整骨院の施術を受けることも可能ですので、

 むち打ちや、打撲、捻挫等の症状が残る場合は放置せずしっかりと治療を受けましょう。



 りゅうた整骨院・鍼灸院でも交通事故に対応しておりますので、お困りの方は是非ご相談下さい。



<りゅうた整骨院公式ホームページ>

宝塚市のりゅうた整骨院

<宝塚市の交通事故治療・むち打ち治療情報サイト>

宝塚市交通事故治療・むち打ち治療.com|整形外科連携の整骨院

<おかげ様で宝塚市口コミ1位!>

WEB上の患者様の口コミはコチラ

<りゅうた整骨院のフェイスブックページはコチラ>

りゅうた整骨院公式facebookページ

住所:兵庫県宝塚市中山寺1-9-13

(阪急中山駅徒歩3分)

TEL:0797-87-3105

症状固定とは、これ以上治療を継続してもその傷病の症状回復・改善が期待できなくなった状態をいいます。

残ってしまった症状が後遺症障害といいます。

症状固定の診断を受けると治療期間が終了したものとしてみなされますので、賠償の範囲も確定し、
それ以降の治療費や休業損害などの支払いは原則として受けられなくなります。

むち打ちや腰部捻挫など、外形的な所見がわかりにくく、治療が長期に及ぶ怪我の場合など、
単に治療費打ち切りの意味で言われる場合があります。

症状固定は、患者様の訴えや症状などを診て、あくまで医師が医学的に判断するものです。
その時期を保険会社が強制できるものではありません。
なので時期尚早の場合もあります。

まだ痛みがあること、治療効果がまだあるという事実・実感があればその旨を医師と相談しましょう。

自分の症状は自分が一番よくわかるので主治医と十分に相談して判断することが大切になってきます。

まずは自分の身体を治すことに専念しましょう。



りゅうた整骨院・鍼灸院でも交通事故の治療に力を入れていますので、もし事故にあってしまったら是非ご相談下さい。



<りゅうた整骨院公式ホームページ>

宝塚市のりゅうた整骨院

<宝塚市の交通事故治療・むち打ち治療情報サイト>

宝塚市交通事故治療・むち打ち治療.com|整形外科連携の整骨院

<おかげ様で宝塚市口コミ1位!>

WEB上の患者様の口コミはコチラ

<りゅうた整骨院のフェイスブックページはコチラ>

りゅうた整骨院公式facebookページ

住所:兵庫県宝塚市中山寺1-9-13

(阪急中山駅徒歩3分)

TEL:0797-87-3105

交通事故治療の予約について

こんにちは。

宝塚市で交通事故治療・むち打ち治療をしております、りゅうた整骨院・鍼灸院です。

りゅうた整骨院・鍼灸院は一般の患者様も予約優先制を取っておりますので、

交通事故治療の患者様にも診療時間の予約を受け付けています。


仕事の就業時間が不規則で時間がよめないとおっしゃる方もいらっしゃいますが、

予約の方を優先的にご案内させていただいているので、

予約を取っていただいた方がスムーズにご案内できるため、積極的に予約をとっていただいております。

積極的に来院したいけれどあまり時間がない方は、お電話またはお帰りの際に受付にてお取り下さい。


また駐車場も完備しておりますのでお車でお越し頂けます。是非ご利用ください。


<りゅうた整骨院公式ホームページ>

宝塚市のりゅうた整骨院

<宝塚市の交通事故治療・むち打ち治療情報サイト>

宝塚市交通事故治療・むち打ち治療.com|整形外科連携の整骨院

<おかげ様で宝塚市口コミ1位!>

WEB上の患者様の口コミはコチラ

<りゅうた整骨院のフェイスブックページはコチラ>

りゅうた整骨院公式facebookページ

住所:兵庫県宝塚市中山寺1-9-13

(阪急中山駅徒歩3分)

TEL:0797-87-3105

こんにちは。宝塚市で交通事故治療、骨盤矯正、美容整体をおこなってます、りゅうた整骨院・鍼灸院です。

 

今日はむちうち症の症状が再発しないためのポイントについてお話しさせていただきます。

 

むちうち症の症状は、首の痛みから可動域の制限、頭痛やめまい、倦怠感などの色々な症状をひきおこすことがあります。

 

治療としては、症状にたいしてではなく、異常な部位、角度に対してしっかり評価をし、

治療をおこなうことにより正常な状態になるので、症状が再発しない体になっていくのですが、

症状のきつい方や、症状の長かった方は症状がわりとすぐに戻ってしまうという方も少なくはありません。

 

そのような方は、本当に治るのか不安な気持ちが強くなり、ひどくなると鬱症状まで出てしまう方もいらっしゃいます。

 

症状が繰り返してしまう方に対しての治療法は、まずは正常な状態になったお体の状態を維持するための治療法が必要になります。

 

患者様のお体の状態によって治療法は様々ですが、治療ペースや期間はおのずと長くなってしまいます。


りゅうた整骨院・鍼灸院では、深層筋マッサージ、鍼灸治療、背骨矯正の3本柱の施術で、

お一人お一人にあったオーダーメイドの治療をさせて頂きます。


交通事故の傷害やむちうちの症状でお困りの方は、是非りゅうた整骨院・鍼灸院にご相談下さい。




<りゅうた整骨院公式ホームページ>

宝塚市のりゅうた整骨院

<宝塚市の交通事故治療・むち打ち治療情報サイト>

宝塚市交通事故治療・むち打ち治療.com|整形外科連携の整骨院

<おかげ様で宝塚市口コミ1位!>

WEB上の患者様の口コミはコチラ

<りゅうた整骨院のフェイスブックページはコチラ>

りゅうた整骨院公式facebookページ

住所:兵庫県宝塚市中山寺1-9-13

(阪急中山駅徒歩3分)

TEL:0797-87-3105

交通事故の後遺症としてよくあるのが手のしびれ、握力の低下です。

衝突の際の大きな衝撃で首(頚椎)が捻挫を起こし、頚椎の歪みがでたり、

首周りの筋肉が硬くなって神経や血流の流れを阻害してしまっていることから起こるケースが多いです。


当院にこられた40代女性のAさんは、交通事故でむちうちになり、

それ以来ひどい頭痛としびれに悩まされていました。

あまりにも頭痛がひどいのでMRIもとってもらっても異常はなく、

「病院では治療することができない、精神的なものでは?」と言われてしまったそうです。

あきらめかけていた頃、ご友人の紹介で当院にこられることになりました。

しびれをとるには、首周辺の硬くなった筋肉をしっかりほぐす必要があります。


当院では電気療法、温熱療法に加え徒手療法の深層筋マッサージにより、筋肉をほぐしていきます。

Aさんも半年ほどの期間がかかりましたが、しびれも頭痛も軽くなり

「あきらめないでよかったです!!」と大変喜ばれておられました。


もし同じ様な状況で悩まれている方も、後遺症だとあきらめないで是非一度りゅうた整骨院・鍼灸院にご相談ください。


<りゅうた整骨院公式ホームページ>

宝塚市のりゅうた整骨院

<宝塚市の交通事故治療・むち打ち治療情報サイト>

宝塚市交通事故治療・むち打ち治療.com|整形外科連携の整骨院

<おかげ様で宝塚市口コミ1位!>

WEB上の患者様の口コミはコチラ

<りゅうた整骨院のフェイスブックページはコチラ>

りゅうた整骨院公式facebookページ

住所:兵庫県宝塚市中山寺1-9-13

(阪急中山駅徒歩3分)

TEL:0797-87-3105

交通事故の被害者は年間で100万人以上ともいわれており、

また、治療を受けたにも関わらず9割以上の方が何らかの後遺症を抱えているのが現状です。

さらに、交通事故による後遺症が残るか残らないかは初期治療・早期治療が大きく関係してきます。

そして厄介なのが、交通事故による症状は事故直後よりも、数日後に強く出てくるケースが多々あります。

交通事故直後は衝撃や緊張のせいで、痛みやだるさを感じにくいということもありますが、

筋肉の緊張やツッパリ感は数日後に襲ってきます。

ぶつかった直後「何ともない」とおもっていても、体には相応の負荷がかかっています。

大丈夫だと思っても、必ず一度は精密検査を受けることをおすすめします。警察に届け出しておくことも忘れないで下さい。


当院での事例・・・30代男性のAさん

Aさんは交差点の信号待ちをしている時に、後ろから来た軽自動車に追突されました。

相手の車もそれほどスピードは出ていなかったので、衝撃も軽く体は大丈夫だと思っていたそうです。

とにかく会社へ遅刻しないようにと慌てていて、体の異変にも全く気付かなかったそうです。

しかし数日後、起き上がることもできないほど体が重く、首が回らなくなり、寝違いをさらにひどくしたような状態になったそうです。

すぐに当院に来院され、電気療法、温熱療法、徒手療法を3ヵ月続けることで症状はなくなり、

今までどうりの生活を送れるようになり、たいへん喜ばれていました。

すぐに対処していなかったら、後遺症として残っていたかもしれないと思うとゾッとするともおっしゃっていました。


当院では交通事故によるむちうち、捻挫、打撲などレントゲンでは異常がみられない、

筋肉・骨格に対する症状の施術を得意としています。もしこのような症状でお困りの方は是非一度ご相談ください。


<りゅうた整骨院公式ホームページ>

宝塚市のりゅうた整骨院

<宝塚市の交通事故治療・むち打ち治療情報サイト>

宝塚市交通事故治療・むち打ち治療.com|整形外科連携の整骨院

<おかげ様で宝塚市口コミ1位!>

WEB上の患者様の口コミはコチラ

<りゅうた整骨院のフェイスブックページはコチラ>

りゅうた整骨院公式facebookページ

住所:兵庫県宝塚市中山寺1-9-13

(阪急中山駅徒歩3分)

TEL:0797-87-3105

交通事故と聞くと、セットの様に「むちうち」という症状を耳にすると思います。
では、むちうちとはどういうものでしょうか?

・むちうちはどのようにして起こるのか?
  むちうちの病名としては頚椎捻挫、外傷性頚部症候群などと呼ばれます。
  交通事故で後方からの追突によって起こることが多いですが、正面衝突や、側面衝突でも起こります。
  衝突の際に、首が鞭(むち)がしなるような動きをすることからこの名前がついたそうです。
  むちうち損傷は比較的低速度の追突事故でも起きます。
  また追突時シートベルトをしていたかどうか、ヘッドレストに頭をつけていたかどうか、
  前を向いていたのか横を向いていたのかどうか、などにより事故時に首に加わる力や首の動きが異なります。

・どのような症状がでるのか?
  多くの方は首の傷みが現れます。痛みは事故直後に現れるものから数日後に現れるものまで様々です。
  また安静時の痛みや、首を動かした時に強く痛んだり、
  肩こりや頭痛等の症状、手のしびれや握力低下が出る方もおられます。
  自律神経の症状として、吐き気やめまい、耳鳴り等の症状も1割の方に見られます。

・どのような治療が行われるのか?
  病院や整形外科では、消炎鎮痛薬や湿布剤のような外用薬を処方されたり、
  局所麻酔やブロック注射をする場合があります。
  整骨院では、電気療法、温熱療法、徒手療法などにより、筋肉を緩めていくことで痛みを軽くしていきます。

・将来どうなるのか?
  むちうちをされると後遺症が残ると心配される方も多いと思います。
  しかし、適切な治療を受けていれば一般的には予後は良好であるとされています。
  ただし、一部の患者さんでは治療開始の遅れや精神状態など様々な原因が関与して、
  長期にわたり症状が続く方もおられます。



交通事故によるケガに関してお悩みの方は、是非一度りゅうた整骨院・鍼灸院ご相談ください。




<りゅうた整骨院公式ホームページ>

宝塚市のりゅうた整骨院

<宝塚市の交通事故治療・むち打ち治療情報サイト>

宝塚市交通事故治療・むち打ち治療.com|整形外科連携の整骨院

<おかげ様で宝塚市口コミ1位!>

WEB上の患者様の口コミはコチラ

<りゅうた整骨院のフェイスブックページはコチラ>

りゅうた整骨院公式facebookページ

住所:兵庫県宝塚市中山寺1-9-13

(阪急中山駅徒歩3分)

TEL:0797-87-3105

交通事故にあった場合、自賠責保険は同乗者はもちろん、加害者の車に同乗していた場合も適用できます。

■同乗者は何名でも、自賠責保険適用可能です。
  自賠責保険は交通事故にあった車に同乗していた人(家族も含む)も賠償の対象になります。
  加害者の車に同乗していた場合も同じです。
  加害者が被害者の損害を賠償しなければならないという原則があるので、
  例えば「加害者が夫、被害者が妻」というケースでも、不法行為の要件を満たす限り、
  夫婦間でも当然に損害賠償請求が成立し、これを行使することができます。
  被害者たる配偶者(この場合は妻)に他人性が認められる場合には、
  加害者たる配偶者(夫)の運行供用者責任に基づいて自賠法16条の直接請求権の行使も認められます。
  また友人などの同乗者が、飲酒等の危険運転を容認・助長して事故に遭い、
  負傷した場合も、損害賠償が認められます。(=「無償同乗(好意同乗)」)


■「共同不法行為」・・・複数の自賠責保険への請求
   加害車両が複数ある事故の場合、自賠責保険の補償限度額は加害車両の数に応じて増えます。
   自賠責保険は車両ごとに付保されるものだからです。
   例えば、2台の車の衝突事故で双方に過失がある場合に、どちらかの車に同乗していて負傷した人は、
   両方の車の自賠責保険が使えるので請求できる限度額が2倍の240万円になります。
   被害者はどちらに損害賠償を請求しても、双方に請求してもかまいません。
   どちらがどれだけ負担するかは加害者側の問題(過失割合による)であり、
   被害者はどちらにしても認められた額の賠償金を受け取る事ができます。

※限度額が増えるといっても、大きくなるのは「支払いの枠」であり、
 あくまで現実に生じた損害しか支払われないことに変わりはありません。
 


<りゅうた整骨院公式ホームページ>

宝塚市のりゅうた整骨院

<宝塚市の交通事故治療・むち打ち治療情報サイト>

宝塚市交通事故治療・むち打ち治療.com|整形外科連携の整骨院

<おかげ様で宝塚市口コミ1位!>

WEB上の患者様の口コミはコチラ

<りゅうた整骨院のフェイスブックページはコチラ>

りゅうた整骨院公式facebookページ

住所:兵庫県宝塚市中山寺1-9-13

(阪急中山駅徒歩3分)

TEL:0797-87-3105

8月は年末年始に引き続き交通事故に要注意です!!!

8月は、お盆休みがございますので交通事故数が増加する傾向にあります。

その要因として、お盆休みに入り長距離・長時間・過労状態の運転が増えます。

また、車や人が慌ただしくなることで、交通事故が多発しやすくなります。

渋滞にはまると人間の心理的に、「先急ぎの心理」になり安全確認が疎かになったり、無理な運転を行うようになります。


また次のような状態が続いていると危険です。

・睡眠不足

・長時間の運転

・前日の深酒

・イライラしている

・疲労が溜まっている

・夕方時、ヘッドライトをつけるタイミングが遅い

このような時は30分~1時間の休憩を取ることをお勧めします。



もし事故に遭ってしまったら・・・

①必ず警察に連絡をする。

②相手を確認する。

③事故状況と目撃者の確認をする。

交通事故の治療は当院でも可能ですので、いつでもご相談下さい。




<りゅうた整骨院公式ホームページ>

宝塚市のりゅうた整骨院

<宝塚市の交通事故治療・むち打ち治療情報サイト>

宝塚市交通事故治療・むち打ち治療.com|整形外科連携の整骨院

<おかげ様で宝塚市口コミ1位!>

WEB上の患者様の口コミはコチラ

<りゅうた整骨院のフェイスブックページはコチラ>

りゅうた整骨院公式facebookページ

住所:兵庫県宝塚市中山寺1-9-13

(阪急中山駅徒歩3分)

TEL:0797-87-3105

交通事故にあってしまった場合、どこに治療に行けばいいか分からないという方は少なくありません。

まず、病院・整形外科と整骨院は、どちらも自賠責保険が適用されると治療費は0円です。

交通事故にあった場合に、併せて通院している人も多く、

その理由としては、病院や整形外科だけだと次の診察までの間隔が空き、不安感が増すことにくわえ、

一日も早い社会復帰が出来るように治療を受けたいということがあります。

ただし、それぞれにはメリットとデメリットもあります。


・病院や整形外科


  ・メリット 保険会社に提出する診断書がもらえる。

     ・デメリット 診察の待ち時間が長い。通院間隔が空きがち。

         レントゲンやMRI では診断が難しく異常なしとされる場合もある。


・整骨院

 ・メリット レントゲンやMRI では異常なしとされた症状でも、

      手技の施術で細かいところまで診てもらえる/待ち時間が少なく通院しやすい。

 ・デメリット 保険会社に提出する診断書はもらえない。



痛みは我慢すると 一生付き合うことになります。治療院選びは大切です。

病院を根拠もなく頻繁に変えるのは好ましくありません。診断書を書いてもらう為の心象は大切で、

後遺障害が残った場合にはその心象で判断を左右されることもあります。


また、病院を変えすぎると治療経過が分からず診断が曖昧になるということも起こります。

治療を続ければ改善の余地があるのに、主治医から症状固定と判断された場合は、

できるだけ保留にしてもらい、交通事故の相談機関を探して問い合わせてみましょう。

 あるいはセカンドオピニオンを求めることを検討してください。治療の継続で改善の余地があ

るのに症状固定にするのはお勧めできません。


症状固定とは、これ以上治療しても改善が見込めないと医師が判断し、治療をストップした状態です。

この判断を受けると残存する症状については後遺障害として損害賠償の対象になり、

保険会社の示談交渉が始まります。そのタイミングで納得できるのかどうかは、

症状経過を見てきた医師とよく相談して決めることが大切です。


りゅうた整骨院・鍼灸院でも交通事故に遭われた方への施術をしております。

お困りの際は、一度ご相談下さい。



<りゅうた整骨院公式ホームページ>

宝塚市のりゅうた整骨院

<宝塚市の交通事故治療・むち打ち治療情報サイト>

宝塚市交通事故治療・むち打ち治療.com|整形外科連携の整骨院

<おかげ様で宝塚市口コミ1位!>

WEB上の患者様の口コミはコチラ

<りゅうた整骨院のフェイスブックページはコチラ>

りゅうた整骨院公式facebookページ

住所:兵庫県宝塚市中山寺1-9-13

(阪急中山駅徒歩3分)

TEL:0797-87-3105

症状固定とは、これ以上治療を継続してもその傷病の症状回復・改善が期待できなくなった状態をいいます。

残ってしまった症状が後遺症障害といいます。

症状固定の診断を受けると治療期間が終了したものとしてみなされますので、賠償の範囲も確定し、
それ以降の治療費や休業損害などの支払いは原則として受けられなくなります。

むち打ちや腰部捻挫など、外形的な所見がわかりにくく、治療が長期に及ぶ怪我の場合など、
単に治療費打ち切りの意味で言われる場合があります。

症状固定は、患者様の訴えや症状などを診て、あくまで医師が医学的に判断するものです。
その時期を保険会社が強制できるものではありません。
なので時期尚早の場合もあります。

まだ痛みがあること、治療効果がまだあるという事実・実感があればその旨を医師と相談しましょう。

自分の症状は自分が一番よくわかるので主治医と十分に相談して判断することが大切になってきます。

まずは自分の身体を治すことに専念しましょう。

りゅうた整骨院・鍼灸院でも交通事故の治療に力を入れていますので、もし事故にあってしまったら是非ご相談下さい。



<りゅうた整骨院公式ホームページ>

宝塚市のりゅうた整骨院

<宝塚市の交通事故治療・むち打ち治療情報サイト>

宝塚市交通事故治療・むち打ち治療.com|整形外科連携の整骨院

<おかげ様で宝塚市口コミ1位!>

WEB上の患者様の口コミはコチラ

<りゅうた整骨院のフェイスブックページはコチラ>

りゅうた整骨院公式facebookページ

住所:兵庫県宝塚市中山寺1-9-13

(阪急中山駅徒歩3分)

TEL:0797-87-3105

むちうち症は、医学的に定義するのが難しく、首から背骨にかけての一種の神経症状だとされています。

レントゲンにも映らず、つらい症状が何年も続きます。

治療が長期化するので、一般の傷害事例と同じ様に扱うのが難しく、

後遺症としても特殊で、補償期間が不明瞭になりがちです。

■後遺障害等級

後遺障害等級表には、「むちうち症」という言葉は出てきません。

12級(13号)や14級(9号)の神経障害・神経症状がむちうち症に該当するとされており、

そのうち実際に認定されるのは、14級がほとんどです。また、非該当の判断がなされることも多々あります。

※等級表では、神経系統の傷害には次のような表記もあります。

 ・7級(4号)・・・「神経系統の機能または精神に障害を残し、軽易な労務以外の労務に服することができないもの」

 ・9級(10号)・・・「神経系統の機能または精神に障害を残し、服することができる労務が相当な程度に制限されるもの」

■むちうち症による逸失利益

前記の通り、むちうち症が、12級または14級に該当する場合であっても、その労働能力喪失期間は制限されます。

これは、むちうち症などの神経障害は、この程度の時が経過すれば治癒していくことが、

医学的に一般的な知見であることに基づいています。

(例えば、むち打ち症で後遺障害12級と認定された場合には、労働能力の喪失率は14%として、

  約10年分の逸失利益と慰謝料を請求できることになります。)

痛みがつらい場合は、後遺障害として認めてもらえるように、医師に相談してみましょう。

また低い等級や認定期間に納得がいかなければ、不服申し立てをすることです。



<りゅうた整骨院公式ホームページ>

宝塚市のりゅうた整骨院

<宝塚市の交通事故治療・むち打ち治療情報サイト>

宝塚市交通事故治療・むち打ち治療.com|整形外科連携の整骨院

<おかげ様で宝塚市口コミ1位!>

WEB上の患者様の口コミはコチラ

<りゅうた整骨院のフェイスブックページはコチラ>

りゅうた整骨院公式facebookページ

住所:兵庫県宝塚市中山寺1-9-13

(阪急中山駅徒歩3分)

TEL:0797-87-3105